長引くデフレの影響で女性も「社会に出て仕事をする」ことが当たり前になってきた近年ですが、男性の場合と異なり、女性の転職過程は少々違ったものとなります。その理由として、日本社会に根付いている「女性が結婚=退職」や「妊娠=産休や退職」といった固定観念があるためです。女性が転職をするには、このような人生の転機やその後の自分を取り巻く環境といかにすり合わせていくのかが、転職や転職後のキャリアを成功させるカギとなるでしょう。

 

 女性も高学歴が当たり前になってきましたが、まだまだ企業の第一線で華々しいキャリアを積み上げている人がほんの一握りで、一般職、契約や派遣、パートなどどのような雇用形態であっても、「会社」という枠の中で家庭とは異なる厳しい状況下で働いています。また、その一方で、家庭を持っている女性であれば、会社側の家庭事情の配慮と家庭や子育ての部分は家族や周りのサポート体制が万全でないとキャリアとの両立は難しいことは誰でもわかります。

 

 独身の女性であれば、よりより職場環境と自分のキャリアアップをまず第一に考え、新しい職場を中心とした生活を成り立たせることに重点を置くことがポイントになります。その際、もし結婚などの予定がある場合は、転職を決断する前に自分が働ける環境づくりをしておくことがなにより大切です。

 

 独身の女性も家庭がある女性も、転職の際は相手先の企業に「就業するための支障はほぼない」ことをはっきりと伝え、同時に「万が一」の時については配慮してほしいことなどを伝えた上で、転職先の反応を見ることです。難しい時もあるかもしれませんが、企業は星の数ほどあるので、あきらめずに自分のキャリアと人生を両立できる転職先は必ず見つかるはずです。