最近は正社員雇用が少なくなり、時給制での契約社員や派遣社員と言った形態が多くなっていることがニュースなどでも取り上げられています。

 

 正社員とは違い契約社員や派遣社員は雇用形態が変わるため、福利厚生なども変化してきます。会社としてはなるべく人件費を抑えたいという意向からそのようにしているケースが殆んどなのですが、合わせて転職が多くなるというのも問題視されています。

 

 よく聞く「派遣切り」などがまさしくその象徴です。ある職場で一定期間だけ人員不足となり派遣要請をするのですが、人員の充足が確認出来次第企業は派遣切りを開始する傾向にあります。派遣社員は一定の場所では働けず、また新たな職場で新たな仕事内容を全て把握しなおさなければなりません。

 

 そのように、雇用形態によっては転職というのが非常に負担の係る内容になるケースがこのところ散見されています。正社員雇用にこだわる方の理由もここから来ていることもあるでしょう。契約社員の場合ですと契約満了に合わせて契約更新ができれば問題ありませんが、場合によっては契約打ち切りになる場合もあり、そうなれば転職しなければならない事態に陥ります。

 

 氷河期と呼ばれるこのご時世、新しい職を見つけることも以前より困難になってきていますので、転職という言葉がワーカーにとって辛い単語にならないことを祈るばかりです。